「Windows API」の版間の差分

(Win32APIで扱える画像は、標準設定のままでは ビットマップ画像(.bmp)しか扱えない。 PNG画像などを扱いたい場合には、GDI+をインクルードする必要がある。)
(→‎画像: typo)
どうしてもWin32APIで画像の透明化を行いたい場合には、MaskBlt 関数などを利用して、透明化の機能を自作する必要が生じてしまう。
 
しかし、透明化の自作はメンドウだし、せっかく自作しても互換性が悪いから、普通はそういうことはせず、GDI+のインクルードなどをして、PNG画像など透明化の機能をもった画像形式を活用するのが一般的である。
 
 
 
== 参考リンク ==
20,150

回編集