「Windows API」の版間の差分

(画像関連の章の構成を整理。)
使い終わった画像操作用ハンドルは、
<source lang=c>
DeleteObject(hbmp);
</source>
で削除しなければならない。(そういう仕様になっている。削除しないと、一例として、画像描画の関数ブロックを2回目以降に利用するときに、前回の画像描画で使用した画像がメモリ内に残ってたりして、画像がバグったりする。)
<source lang=c>
hbmp = NULL;
DeleteObject(hbmp);
</source>
のように、NULLを入れてから削除すると、確実に削除できる。
</source>
のように、NULLと関連づけさせてから、削除することで、確実に削除できる。
 
 
 
== 参考リンク ==
20,150

回編集