「Windows API」の版間の差分

原理的には SetPixel 関数により、ウィンドウ内のあらゆる画像が表示可能なことを説明。
(原理的には SetPixel 関数により、ウィンドウ内のあらゆる画像が表示可能なことを説明。)
しかし、透明化の自作はメンドウだし、せっかく自作しても互換性が悪いから、普通はそういうことはせず、GDI+のインクルードなどをして、PNG画像など透明化の機能をもった画像形式を活用するのが一般的である。
 
=== 原理 ===
Win32APIには、SetPixel 関数という、座標と(点の)色を指定して、ウィンドウ内に点を描画する関数がある。
 
理論的には、これさえあれば、ウィンドウ内なら、どんな描画もできるので、自分で画像ファイルのファイル形式を設計することすら可能である。
=== Win32 API での画像表示に必要な知識 ===
 
なぜなら、ビットマップやJPEGなどの画像の集まりは、(中学校などで習うように)所詮は画素という点の集まりであるから。
 
 
しかし、すでに存在する画像ファイル規格などを再度設計するのは時間の無駄だから、通常は、既存の規格であるビットマップ形式画像などを活用する。
 
 
 
 
=== Win32 API での画像表示に必要な実用知識 ===
==== 画像の編集の宣言 ====
まず、GDI+をインクルードしてない状態での操作を説明する。当然、ビットマップ形式しか、画像ファイルは扱えない。
20,382

回編集