「高等学校日本史B/律令国家への道」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 国際情勢 ==
7世紀のなかばになると、朝鮮半島で戦乱が起きますこる。新羅(しんら、しらぎ、シルラ)が唐(とう)と連合して、百済(ひゃくさい、くだら、ペクチェ)を侵攻し、660年に百済は滅亡した
倭国(わこく)は百済と親交があり、百済滅亡により倭国は朝鮮半島での影響力を失った。倭国のヤマト政権は百済を復活を名目として朝鮮半島での影響力を取り戻すため、663年に中大兄皇子の指導により朝鮮半島に軍を送り、倭国軍と新羅軍が軍事衝突して'''白村江の戦い'''(はくすきのえのたたかい、はくそうこうのたたかい) が勃発した。この戦いで倭国軍は新羅と唐の連合軍に敗れた。
朝鮮半島では、<big>新羅</big>(しらぎ、シルラ)が<big>唐</big>(とう)と連合して、<big>百済</big>(くだら、ペクチェ)を攻めた。
660年に百済(くだら、ペクチェ)が、 新羅(しらぎ、シルラ)に滅ぼされます。
百済は、日本とは親しかったのでした。親しかった百済が滅んだことで、日本は、朝鮮半島での勢力を失います。
 
白村江のい にやぶれた日本は、国内の政治に集中します。を受けて中大兄皇子は、唐と新羅の倭国への直接攻撃にそなえるため、九州の防備を強化しま。九州北部に <span style="color:red"><big>九州防衛のための兵士である'''防人</big></span>'''(さきもり) という防衛(ぼうえい)のための兵士たちを置き、<big>'''水城</big>'''(みずき)という水の満たされた濠(ほり)を持った土塁(どるい)が築かれた防御地点をいくつも作ります各地に築かせた
* 白村江の戦い(はくすきのえ の たたかい)
日本は百済を復活(ふっかつ)させるため、新羅と戦争をします。663年に、中大兄皇子の指導により朝鮮半島に軍を送り、日本 対 新羅の戦争が起きます。これが<span style="color:red"><big>白村江の戦い</big></span>(はくすきのえ の たたかい、はくそうこう の たたかい) と言います。日本は負けます。新羅と唐の連合軍に、日本は負けました。
 
なお、後に新羅は676年に高句麗(こうくり)も滅ぼし、新羅が朝鮮半島を統一することになります。先ほども述べたように、唐との結びつきがとても強いです。唐が滅びるまで、新羅の時代が続きます。
 
 
=== 日本国内の強化 ===
白村江の戦い にやぶれた日本は、国内の政治に集中します。中大兄皇子は、唐と新羅の攻撃にそなえるため、九州の防備を強化します。九州北部に <span style="color:red"><big>防人</big></span>(さきもり) という防衛(ぼうえい)のための兵士たちを置き、<big>水城</big>(みずき)という水の満たされた濠(ほり)を持った土塁(どるい)が築かれた防御地点をいくつも作ります。
 
(※ 発展的な話題: )九州で国防の拠点になった太宰府(だざいふ)の背後には、山があり、その山頂に大野城(おおのじょう)があります。このような、山にあるお城のことを一般に、山城(やましろ)という。(※ 中学歴史の日本文教出版、教育出版の教科書で紹介の話題。)
 
667年に、中大兄皇子は都を 大津宮(おおつのみや) に移します。大津宮の場所は、今でいう滋賀県の近江(おうみ)です。それ以前の都は、奈良の飛鳥(あすか)地方にありました。
この都を近江の大津宮にうつしたことも、攻撃に備えてなのかもしれません。近江は、飛鳥よりも内陸にあります。
 
 
668年に中大兄皇子は天皇として大津宮で即位し、中大兄皇子は天智天皇(てんじ てんのう)になります。
 
668年に、法典である 近江令(おうみりょう) が出来ます。天智天皇(=中大兄皇子)が中臣鎌足に命じ、役人たちに編纂(へんさん)させたものです。また天智天皇は、670年に、日本最初の全国的な戸籍である <big>庚午年籍</big>(こうごねんじゃく) を作成する。(よく聞かれるのは、天智天皇なのか、後に出てくる'''天武天皇'''(てんむてんのう)なのかです。注意しましょう。)
 
(※ 発展的な話題: )九州で国防の拠点になった'''太宰府'''(だざいふ)の背後には、があり、そ頂に大野城(おおのじょう)があります。このような山にある城のことを一般に'''山城'''(やましろ、やまじろ)という。(※ 中学歴史の日本文教出版、教育出版の教科書で紹介の話題。)
 
== 壬申の乱 ==
55

回編集