「BASIC」の版間の差分

(一般的に、プログラムを通しての画像表示についての仕様は、各OSごとにバラバラです。 そのため、BASICのインタプリタ自体の作成者は、それぞれのOSごとに、BASICインタプリタを作りなお)
代わりに、他の企業などがフリーソフトなどで、それら古いBASICの実行環境を再現したアプリケーションが制作しており、ネット上のフリーソフト配布サイト(「vector」などのサイトがある)などで公開されている、・・・といった事です。
 
 
Microsoft Quick BASIC(MS-DOS時代) 互換系の open source 等が存在している
それらを使うという手も有る
 
・FreeBASIC
 
・QB64
 
・その他
 
特にQB64はエミュレート機能を備えており旧来的な方法によるプログラミングが一部可能となっている
 
== 古いBASICでのプログラムの入力 ==
1

回編集