「線型代数学/行列と行列式/第三類/直線・平面」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
<math>3z=3+4-x-2y + 3(2x+y-2)</math><br />
<math>\therefore 5x+y-3z = -1</math>
 
次に <math>\pi</math> に垂直なベクトル(法線ベクトルという)を用いて,関係式を求めている.
 
<math>\pi</math> に垂直なベクトル <math>\vec{h}</math> は <math>\vec{u}, \vec{v}</math> のそれぞれに垂直だから,
<math>\vec{h}</math> は <math\vec{u} \times \vec{v}</math> に平行である.だから,
 
<math>\vec{h} = \vec{u} \times \vec{v} =
\left(
\begin{array}{c}
1\\
-2\\
1
\end{array}
\right)
\times
\left(
\begin{array}{c}
2\\
-1\\
3
\end{array}
\right)
=
\left(
\begin{array}{c}
-5\\
-1\\
3
\end{array}
\right)
</math>
とおくことができる.
 
 
 
 
匿名利用者