「高等学校現代社会」の版間の差分

→‎資源・エネルギー問題: 福島第一原子力発電所事故などを追加し、ヨーロッパで脱原発した国を特定しました。
M
(→‎資源・エネルギー問題: 福島第一原子力発電所事故などを追加し、ヨーロッパで脱原発した国を特定しました。)
なお、OPECとは石油輸出国機構(Organization of the Petroleum Exporting Countries)の略称。OAPECとはアラブ石油輸出国機構(Organization of Arab Petroleum Exporting Countries)の略称。
 
原子力はスリーマイル島での原子力発電所の事故や、チェルノブイリ原子力発電所での事故、福島第一原子力発電所事故、またプルトニウム使用済み核燃料最終分地の問題からヨーロッパで原子炉{{要出典範囲|全廃が|date=2014年4月}}次々と決まっている。日本点検時の放射線被ばくを伴う作業中国、アメリカは世界原子爆弾流れに逆行してい原材料とな。ソフプルエネルギーやコージェネレーションニウム注目生成されてい問題など開発に化石燃料やその他資源が多量に使われていることから、{{要出典範囲|大き様々な問題点があり利用批判的ってい意見がある。|date=2014年4月}}
 
ドイツは、2000年6月に政府と電力会社がすべての原子力発電所を廃止することを合意し、2011年に脱原発を決定した。
 
スイスは、2011年5月に「脱原発」を2034年までに実現することを決定した。
 
イタリアは、原子力発電所を設置していない。
 
日本、中国、アメリカは世界の流れに逆行している。ソフトエネルギーやコージェネレーションが注目されているが、開発に化石燃料やその他資源が多量に使われていることから、{{要出典範囲|大きな問題になっている。|date=2014年4月}}
 
=== 科学技術の発達と生命の問題 ===
5

回編集