「高校化学 合成高分子化合物」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
=== ポリメタクリル酸メチル ===
メタクリル酸メチルの付加重合。ポリメチルメタクリレート(polymethylmethacrylate)ともいう。略称は PMMA である。「メタクリル樹脂」と略される場合も多い
透明度が高い。光学レンズに用いられる。
溶媒に溶ける。耐薬品性は良くない。
 
(※ 理科の検定教科書にあるか知らないが、)光ファイバには主にプラスチック製のものとセラミックス製のものがあるが、プラスチック製の光ファイバの透明プラスチックの部分にも、よくポリメタクリル酸メチルが使われている。(工業高校の教科書などで、説明されている。)
 
※ 東京書籍が言うには、自動車のテールランプ、携帯電話の画面も、メタクリル樹脂である と科目『科学と人間生活』の教科書で述べている 。
 
== 熱硬化性樹脂 ==
23,379

回編集