「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

→‎場合の数: 「場合」という日本語を知らないのかなぁ。
(中単元「集合の要素の個数」と「順列・組合せ」を大単元「場合の数」に分類。)
(→‎場合の数: 「場合」という日本語を知らないのかなぁ。)
この章では場合の数と確率の計算法を紹介する。まず先に様々な事柄の場合の数の計算法を扱い、その結果を用いてある事柄が起こる確率を計算する方法を紹介する。
 
== 集合の要素の個数と場合の数 ==
=== 集合の要素の個数 ===
==== 2つの集合の和集合の要素の個数 ====
なので、100以下の自然数のうちの2の倍数または3の倍数または5の倍数であるものの個数は 74個である。
 
=== 順列・組の数 ===
==== 階乗 ====
場合の数の計算方法の始めとして、n個の異なったものを並べ換える仕方の数を数える。