「中学校社会 地理/アフリカ州」の版間の差分

240D:2:170F:A800:CD0C:AC02:715A:BE2B (トーク) による版 141070 を取り消し
(わからん)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
(240D:2:170F:A800:CD0C:AC02:715A:BE2B (トーク) による版 141070 を取り消し)
タグ: 取り消し
このような、輸出に偏った産業の構造のため、アフリカの労働は賃金が低く、それがアフリカの経済が発展しづらい理由の一つだろう、と考えられている。<br/>
このような、特定の産業に偏った経済のことを、しかも、そのために生活が貧しい経済を、'''モノカルチャー経済'''という。
 
== 南アフリカ共和国のアパルトヘイトと廃止 ==
南アフリカ共和国の政治では、少数の白人が、黒人を支配する政治が第2次世界大戦前から続いており、'''アパルトヘイト'''( 意味:人種隔離(じんしゅ かくり) )と言う、人種隔離の政策が取られていた。
 
アパルトヘイト政策のため、黒人には長い間、選挙権が無かった。住むところも人種によって決められた。人種の異なる人との結婚は、禁じられていた。
 
このような差別的な政策に対し黒人による差別への反対運動が続いた。国際社会の批判もあり、1991年にアパルトヘイト政策が廃止された。
 
[[File:Nelson Mandela-2008 (edit).jpg|thumb|left|ネルソン・マンデラ元大統領]]
[[File:JohannesburgMontage1.jpg|thumb|ヨハネスバーグ(ヨハネスブルグ)]]
そして1994年には、黒人の大統領の'''マンデラ'''の政権が出来た。
 
法律による差別は無くなったが、満足な教育を受けていない黒人も多く、賃金の高い職につけない黒人も多いなど、なかなか上手くはいってない。
 
近年の南アフリカ共和国では、治安が悪化している。とくに、最大の都市のヨハネスバーグ(ヨハネスブルグ)は非常に治安が悪い。
 
なお、2010年には、サッカーのワールドカップが南アフリカ共和国で開かれた。
1,224

回編集