「中学校国語 古文/平家物語」の版間の差分

→‎敦盛(あつもり)の最期(さいご): 「くまがや」でも「くまがえ」でもなく「くまがい」
(熊谷は「くまがや」ではなく「くまがえ」)
(→‎敦盛(あつもり)の最期(さいご): 「くまがや」でも「くまがえ」でもなく「くまがい」)
一の谷の戦いで源氏が勝利をおさめ、平家は海上に逃れていった。
 
源氏の武将、熊谷(くまが)が磯(いそ)のほうに進むと、なにやら立派な鎧の敵将が、これから海に逃れようとしている。
 
=== 本文 ===
{| style="width:100%"
|valign=top style="width:40%;text-indent:0em"|
{{ruby|熊谷|くまがえ)い}}
 
「あれは大将軍とこそ見まいらせ候へ({{ruby|さふらえ|ソウロエ}})。まさなう(ノウ)も敵(かたき)に後ろ(うしろ)を見せさせたまふものかな。返させたま{{ruby|へ|エ}}。」
1,347

回編集