「Windows API」の版間の差分

編集の要約なし
<code>WideCharToMultiByte() </code> 関数 などの、文字列のための型変換の関数があるので、この関数による命令を、適切な箇所に追加すればいい。
 
なお <code>WideCharToMultiByte() </code> 関数 の場合、これを使えば文字列の型をワイド型からマルチバイトに変換できる。windows7以降(Win7も含む)のWindowsでは、普通のテキストファイルを標準C言語にある命令(fopen や fgets など)や文字列型(char 型)で読み取った場合、Windows内部では読み取り後の文字列データはワイド文字列として処理されている場合があるので、その場合には、この命令だけでマルチバイト文字に変換できる。
 
 
== 画像の操作 ==
20,382

回編集