「Windows API/図形の描画」の版間の差分

のように宣言する必要があります。引数の型と変数名が、単にハンドル型(HDC)とハンドル変数(hdc)になっただけです。通常のC言語の関数と同じです。
 
:「ハンドル型」とか「ハンドル変数」とは何か、はっきりしませんが、要するにWinApi専用のそういう型あるいは変数があると思えば十分です。
 
:いちおう、歴史的・学問的にはコンピュータアーキテクチャ理論に「割り込みコントローラ」(PIC)という部品があり(2010年以降の現在ではCPU内部にPIC互換品が内蔵されている)、そのPICによるCPUなどへのシステムコールとして「割り込みハンドラ」という概念があり、よくイベントドリブンの概念と関連づけて「割り込みハンドラ」が語られますが(たとえばウィキペディア [[w:割り込みハンドラ]] で「イベントハンドラ」(イベントドリブン方式のハンドラのこと)などと関連づけて語られている)、
また、呼び出し側(親側)で、
 
:しかしマイクロソフト社がOSのソースを非公開にしてることもあり、Windows API でいう「ハンドラ」とは何かが、あまり仕様がハッキリしません。
 
 
さて、また、呼び出し側(親側)で、
<source lang=c>
kansuu(hdc);
 
また、もし関数を使う場合でも、For文で書いた処理を関数に置き換えるのはラクです。なので、関数を作る前に、とりあえず、For文で試しに似たような処理を書くという方法もあります。
 
 
== 構造体は無印C言語とやや異なる ==
21,840

回編集