「中学校社会 歴史/鎌倉時代」の版間の差分

M
編集の要約なし
(→‎鎌倉幕府の成立: より良い画像 Map-of-Japan-1183-Heian-Genpei-War.png)
M編集の要約なし
=== 源平の内乱 ===
[[ファイル:Minamoto no Yoritomo.jpg|250px|thumb|源頼朝(みなもとの よりとも)と伝えられる人物画。]]
[[ファイル:Gempei warMap-battlesof-Japan-1183-Heian-Genpei-War.png |thumb|500px|源平合戦の地図。]]
平安時代末期、政権をにぎっていた平氏(へいし)に対する不満が高まった。その中で、1180年に以仁王(もちひとおう)が挙兵し<ref>以仁王自身は平氏との戦いで敗死した。</ref>、諸国の武士に「平氏を討伐せよ」との命令を出した。同年、伊豆(いず)に流されていた'''源頼朝'''(みなもとの よりとも)、ついで木曽(きそ)の源義仲(みなもとのよしなか)らがこの命令に従って挙兵した。源頼朝は鎌倉を中心に関東の支配を固めていった。頼朝は、自らは鎌倉にとどまって指揮をして、かわりに弟の'''源義経'''(みなもとの よしつね)を西に送って、平氏を西へと追いつめていく。
 
 
== 鎌倉幕府の成立 ==
[[File:Map-of-Japan-1183-Heian-Genpei-WarKamakura historical sites area Aerial photograph.png1988.jpg|thumb|280px|'''現在の'''鎌倉の空中写真。南を相模湾(さがみわん)、東・西・北の三方を山に囲まれた地形である。1988年撮影の8枚を合成作成。]]
義経(よしつね)は頼朝(よりとも)と対立する。義経(よしつね)は、頼朝(よりとも)らによって、滅ぼされる。
義経らは東北地方である奥州にいる奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)をたよって東北に逃げていたので、かくまっていた奥州藤原氏も頼朝により滅ぼされる。
71

回編集