「高等学校美術I」の版間の差分

M
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: 2017年版ソースエディター
M編集の要約なし
{{Pathnav|Main Page|小学校・中学校・高等学校の学習|高等学校の学習|高等学校芸術}}
 
[[{{PAGENAME}}]]では、高校における美術を教授学習します。
 
== 筆の持ち方 ==
 
== 写実画 ==
[[File:Jan Vermeer - The Art of Painting - Google Art Project.jpg|400px424px|thumb|ヨハネス・フェルメール『絵画芸術の寓意』(1666〜67年頃)<br>ウィーン美術史美術館蔵(オーストリア)]]
 
美術の世界も人類の文化の発展とともに、大きく規模が広がり、その表現も多様になっていきました。
事物を適切に配置した場面構成は、レイアウトと呼ばれることも多いですよ。
 
画面構成の下描きは、円や長方形、円柱や錐など、単純な形を組み合わせて、簡単にわかりやすくくといいと思います。下描き、アタリは消す場合も多いですが、そのまま残して、絵画の効果の一部になる場合もあります。
 
== 正中線 ==
== エジソンは… ==
 
太陽の色が赤ではなくて黄色だとって、親や教師と喧嘩した、という逸話が残っていますよ。(ただ、事実かどうかは不明です)。また、あるアニメーションスタジオでは、水って、結局何色なの?という議論で盛り上がったことがあるそうです。普通は青ですが、黒や白、無色透明、とかいろいろな意見が出てきますよね。
 
実際色に関しては、そしておそらくそれ以外も、固定観念にとらわれないと、面白いいい効果が出ることも多いですよ。ポスターイラストなどでは、少ない色数で、対象物を表現する場合も多いし、それが非常に見るものを引き付ける効果を持つことがありますよね。
たとえば、次のような手順で、アタリを取ってみましょう。
:1: アタリ用の図形として、だ円や長方形、円柱などの図形をつかった簡単なアタリを取って、画用紙に人物像が入りきるかを確認。
:2: 次に、ちょっとだけ細かく書き込んでいく。(あとで修正するので、あまり濃い線では書かない) 顔の向きを、おおよそ、画用紙上で描くこと。どこを向いてるのかを矢印などでメモ的に描く。いきなり目や瞳やまつ毛などを細かくき込まない方が良い。また、見ている先はどこかを、だ円などで囲む。たとえば、書籍を読んでる人物についての人物画なら、視線の先は書籍にありますね。視線の矢印と、見ている先の物体を、曲線などで結んでおきましょう。
:3: 多くの作品ではモデル人物の視線が重要な場合が多いので、画用紙上に目を描いておくと、後のヒントになりやすい。なので、両目の、目の輪郭のおおよその形を描く。瞳のおおよその場所を描く。目や瞳をいたついでに、まつ毛も軽く線でいておくといいかもしれません。
:4: そして、口とか鼻とか耳とかを、おおよその形で描く。
:5: あまり顔にも深入りしない。胴体のき込みに移る。この際、首をおおよその形で、うすくいておく。首を過大に長く描くのは犯しやすいミス、難点です。なので、首はうすくいておくのにとどめて、胴体を描きにいきます。
:6: 胴体は服を着ていますから、服のシワとかが重要な表現ポイントになりますね。
 
黒い服、制服の鉛筆デッサン。→黒いものに影つけするのが難しい。
 
:対策案1:  濃く黒く見える部分を、「灰色だ」と思ってく。つまり、実物よりも薄い色としてく。
:対策案2:  または、先に影になる部分をいてから、そのあと、画用紙上での服の色を決める。つまり、あたかも、モデル役を「実物大の石膏デッサン人形」(デッサン用模型は白色であるのが通常)みたいな白色の人形だと思ってく。そして影をき終わってから、服の色などを着色していく。
 
===== 白いYシャツ =====
:・ <女性の乳房の上側(乳頭から上の面)> .対. <女性の乳房の下側(乳頭から下の面)>
 
こうなる理由は、重力方向的な上下関係の対応のほかに、球面に対してへッコっこんでるという対応もしているからだろう。(乳房だけでは、乳房の上下とも球体的だが、しかし胴と組み合わせると、乳房が重力によって下方向に引っ張られるので、乳房の下側の面は、胴と乳房にハサまれてへッコっこんでるし、逆に乳房の上側の面は、肩の前面から乳房にかけてのラインが平坦になりやすい。)
 
 
ワキの下の影をぬってる時、ついつい影を大きめに描いてしまいがちである。
そこで、
:1: 人体の輪郭を描いた上に、(※ ここまでは前述の手順と同じ)
:2: その輪郭の絵の上に、実物モデルを見て、光と影の対応場所を観察することで、 明るく照らされてる人体部位 および 影になる部位 を、それぞれ探す。
:3: そして影を描く際には、決して、明るくなってる部位には「影」が入り込まないように注意しながら、影を描く、
 
のように描くことをお勧めします。
 
その他、もし描画対象の人物が椅子にすわってるなら、いすの面に触れてる部分の付近は(たとえば尻および、尻から太ももの下側)、光が差し込みにくく、よって影になりやすい。
 
また、このように座ってる場合、
:・ ヒザの表側 .対. ヒザの裏側
は、明暗が対応しやすい。
 
服を着ている人物デッサンでは、胴体の隆起の他に、さらに衣服の隆起が加わる絵をくことになるので、もっと複雑な絵になるので、とにかく実物を観察して、うまく工夫して書きましょう。
 
また、室内照明の場合、たいてい光源は決して一点ではなく、天井全体に蛍光灯などが分散的に配置されており、光源は天井全体に一面に広がっている。1つのある光源では光が差し込まずに影になる部分でも、他の別の光源による光が差し込み、影はつきづらい上複雑に、とらえにくくなります。
 
表現の自由の議論などとも関わりのある表現規制の話をするなら、たとえば、90年代前半に「暴力シーンが教育に悪い。犯罪を増やしてる!」などと評論などで批判され始めた映像ジャンルは、漫画やアニメなども含まれますが、しかし主にはホラー映画などの、ホラー作品でした(洋画『13日の金曜日』(いわゆるジェイソン)とか『エルム街の悪夢』(いわゆるフレディ)とかです)。当時の時事評論マンガ『ゴーマニズム宣言』(小林よしのり 作)で、90年代前半の当時ホラー映画などに規制の動きがあったことが、作者小林によって批判されています。
 
 
== 出典など ==
1,425

回編集