「小学校算数/算数から数学へ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
== 算数から数学へ ==
小学校では「算数」を学んできました。しかし、「算数」の勉強は小学校で終わります。中学校以降は「'''数学'''」になるのでります。数学では、もちろん新しい内容を学習しますが、算数をもっと深め{{ruby|発展|はってん}}させた内容もあります。
 
ここでは、中学校の数学の内容を少しだけ{{ruby|紹介|しょうかい}}します。
== 中学校の「数学」の紹介 ==
 
=== 正の数・負の数 ===
小学校では、0より小さい数はないとしてきました。しかし、中学校では、0より小さい数字を考えるようになります。これを「負の数」といいます。これまでは、「5-2」のように、大きい数から小さい数を引くことはできても、「2-5」のように、小さい数から大きい数を引くことはできないとしてきました。しかし、こうした「負の数」
 
 
=== 方程式 ===
この問題について考えてみましょう。
:「1個何円かのリンゴあめと、1個30円のみかんチョコレートを買って、10050円はらいました。りんごあめは何円ですか。」
:この問題は、小学校の算数で答えは求まりめられますが、中学校では'''方程式'''を使って考えることがあります。
:方程式を学ぶと、次のような問題が、簡単にとけるようになります。
 
=== 関数とグラフ ===
 
=== 証明 ===
小学校では、「三角形の3つの角の大きさの和は180°である」ことを学びましたが、これをどのようにして説明するかは、小学校では習っていません。そこで、「証明」を学習することで、どのような三角形でも「3つの角の大きさの和は180°である」ことが説明
できるようになります。
 
 
=== 確率・統計 ===
4,136

回編集