「ゲームプログラミング/Unity」の版間の差分

編集の要約なし
 
Unityのコンソールパネルの場所については、
 
Project パネルのタブの真横の、コンソールのタブがあるので、
 
そのコンソールのタブをクリックして、コンソール欄を開けばいい。
 
 
「○○.transform.Translate(0.5f, 0, 0);」の○○のところはオブジェクト名で、もし初期設定のままならば「gameObject」という名称になっているだろう。
 
 
Unity の void Update() 関数は、自動的にコンマ数秒ごとに呼び出されるので、画像更新などをしたい場合には、ここに処理を書いておけば、あとは自動でUnityが処理してくれる。いちいち画像更新の処理命令を追加する必要は無い。
 
 
余談だが、「○○.transform.Translate(0.5f, 0, 0);」の、
 
2項目のtransformは、テキストオブジェクトなどにあるtransform プロパティを意味し、
 
3項目のtranslateはそれに対する増分命令である。プラスなら増加、マイナスなら減少である。
20,157

回編集