「CSS/記述」の版間の差分

編集の要約なし
(ソースコードのインデント。インデント無しでは可読性が悪い。ついでに冒頭のhtml4時代の記述をhtml5時代の記述に更新。あと SyntaxHighlight 化。)
ここで、CSSの<code>p { color:red }</code>となっていますが、このうち、最初の<code>p</code>を'''セレクタ'''、<code>color</code>を
'''プロパティ'''、<code>red</code>を'''値'''といいます。
 
つまり、
セレクタ{プロパティ : 値}
です。
 
セレクタ{
プロパティ : 値
}
のように改行する場合も、よくあります。
 
たとえば
p {
color: red;
}
のように書く場合もあります。
 
個別のHTML要素にスタイルを指定することもできますが、「意味と見た目の分離」、「全体でスタイルを統一する」、「再利用性を高める」などの観点から、CSSはまとめて書くことが推奨されています。
18,298

回編集