「PHP/入門/テキスト表示とコメント」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
==テキストの入力==
PHPでテキスト入力したい場合、例えば下記のようになります。
 
;コード例
<syntaxhighlight lang="PHP">
PHPは <code><?php</code> と <code>?></code> の間のコードを処理します。
 
print 関数で、文字列を書けます。正確にいうと、print関数は、PHPの生成したhtmlに、引数にしている文字列を代入する関数です。(echoも同様。)
 
 
なお、改行をするにはタグ <nowiki><br /></nowiki> が必要です。
 
 
さて、webブラウザで、上記のローカルホストのページを見に行き、ブラウザ側でwebページの保存をすると、ましょう。
 
webアドレスの末尾に「.php」とついているかもしれませんが、しかし、webブラウザが見ているのは実は html ファイルです。
保存されるhtmlファイルのソースコードを見てみると、
 
サーバー側で既にhtmlファイルに変換されています。
上記PHPコードから <code><?php</code> と <code>?></code> のタグの除去、およびその内側のPHPコード群が除去された結果になっています。
 
ブラウザのソースコード閲覧機能を使ってソースコードを見ても
<syntaxhighlight lang="PHP">
<html>
<head>
<title>サンプル123</title>
</head>
 
<body>
 
Hello World!<br />こんにちは<br />
</body>
</html>
</syntaxhighlight>
保存されるというhtmlファイルのソースコードを見てみが表示されと、だけです。
 
よくみると、サーバー側のPHPコードとは、微妙に内容が違います。
 
 
上記PHPブラウザ側のコードは、サーバー側のソースコードから <code><?php</code> と <code>?></code> のタグの除去、およびその内側のPHPコードの命令(print など)が除去された結果になっています。
 
ブラウザの「ファイル」>「名前をつけてページを保存」の機能を使って保存されるファイルも同様に、たとえファイル名に.phpとついていても、webブラウザで保存されるのは変換されたhtmlファイルです。
 
つまり、webブラウザで表示されるソースコードと、サーバー側のソースコードとは、たといもし同じファイル名であっても、実はコードが異なります。(もっとも、通常ブラウザ側のファイル名はtitleタグで命名されている名称なので、サーバー側のファイル名とは異なるのが通常であるが。)
 
 
 
このように、コメントアウトした内容は、非表示になります。
 
コメントアウトした内容は、htmlに変換される時点で、除去されています。
その証拠にwebブラウザのソースコード閲覧の機能を使っても、コメントアウトの内容は除去されています。
 
PHPでコメントアウトしても、けっしてhtmlの非表示タグ<nowiki> <!-- --> </nowiki>になるわけではないので、混同しないようにしましょう。
 
 
{{スタブ}}
23,133

回編集