「小学校算数/算数から数学へ」の版間の差分

加筆。
M (ゆにこーど がページ「算数から数学へ」を「小学校算数/算数から数学へ」に移動しました)
(加筆。)
{{Pathnav|メインページ|小学校・中学校・高等学校の学習|小学校の学習|小学校算数|frame=1}}
== 算数から数学へ ==
小学校では「算数」を学んできました。しかし、「算数」の勉強学習は小学校で終わります。中学校{{中付きルビ|2||い||こう}}は「'''[[w:数学|数学]]'''」になります。数学では、もちろん新しい内容を学習しますが、算数をもっと{{ruby|発展|はってん}}させた内容もあります。
 
ここでは、中学校の数学の内容を少しだけ{{ruby|紹介|しょうかい}}します。
 
=== 負の数 ===
小学校では、0より小さい数はないとしてきました。しかし、中学校では、0より小さい数字を考えるようになります。これを「負の数」といいます。これまでは、「5-2」のように、大きい数から小さい数を引くことはできても、「2-5」のように、小さい数から大きい数を引くことはできないとしてきました。しかし、こうした「負の数」を考えることで、小さい数から大きい数を引く計算ができるようになります。負の数は、中学校の数学のさまざまな内容で使われます。
 
 
=== 方程式 ===
この問題について考えてみましょう。
 
:「1個何円かのあめと、1個30円のチョコレートを買って、50円はらいました。あめは何円ですか。」
「280円のケーキを買って、ある{{中付きルビ|2|値|ね|段|だん}}の箱に入れると400円になりました。箱の値段は何円ですか。」
:この問題は、小学校の算数で答えは求められますが、中学校では'''方程式'''を使って考えることがあります。
 
:この問題は、小学校の算数で答えは求められますが、中学校では わからない数量を 文字におくという '''方程式'''を使って考えることがあります。
 
方程式を学習すると、このような問題も解けるようになります。
 
* ある正方形の{{Ruby|縦|たて}}を5cm短くし、横を6cm長くすると面積は120cm<sup>2</sup>となりました。元の正方形の1辺の長さは何cmですか。
 
=== 関数とグラフ ===
 
 
=== 確率・統計 ===
 
{{clear}}
 
== 関連{{Ruby|項目|こうもく}} ==
* [[中学校数学|中学校の数学の教科書]]
 
== 関連項目 ==
[[カテゴリ:数学|さんすうからすうかくへ]]
[[category:小学校算数|しよとうきよういくこ]]
4,136

回編集