「Wikijunior:大型ネコ/ライオン」の版間の差分

修正(小4以上で習う漢字にルビを振る・難しい表現の変更・単位をアルファベットに)]
M (カテゴリ付け等)
タグ: 2017年版ソースエディター
(修正(小4以上で習う漢字にルビを振る・難しい表現の変更・単位をアルファベットに)])
 
{{Pathnav|Wikijunior:メインページ|Wikijunior:大型ネコ|frame=1}}
 
ライオンはアフリカの野生動物の{{Ruby|象徴|しょうちょう}}であり、その強さと美しさから{{Ruby|原住民|げんじゅうみん}}からあがめられてきました。ライオンはネコ科の動物のなかで、{{Ruby|唯一|ゆいいつ}}ライオンだけが大きな{{Ruby||む}}れで生活します。ライオンはネコ科のなかで、最もうなり声が大きく8キロメートル8km{{ruby|以上|いじょう}}ひびわたります。
 
== 生息地 ==
[[ファイル:Lion_distribution.svg|thumb|right|ライオンの生息。アフリカ大陸です。]]
「ジャングルの王者」と称されていますが、{{ruby|密林地帯|みつりんちたい}}にいるわけではなくサバンナと{{ruby||よ}}ばれる平たんな草原の気に入った土地に住んでいます。はるか昔はライオンのうなり声はほぼ全大陸で聞こえていました。現在では一般的にアフリカの中央から南部にかけて生息しているほか、アジア{{Ruby|大陸|たいりく}}のジル国立公園にも少しながらも生息しています。
 
== 外見 ==
[[ファイル:Female lion.jpg|thumb|right|メスのライオン]]
褐色(「おうかっしょく」、黄色と土(黒みまざったような)の毛皮を持ち、大人のライオンは全長は約3メートル3m、肩高は約1.2メートルにも成長し、雄(オス雌(メスよりも大きくなってす。オスの体重は{{Ruby||やく}}250キログラムと、ヒトの{{Ruby|成人|せいじん}}男性の5人に相当し、メスの体重は約180キログラムです。
 
成熟した雄ライオンは頭頂から{{Ruby|部(|けいぶ)}}部まで鬣(たてがみおおわれ、{{Ruby|腹部|ふくぶ}}まで達している{{Ruby|個体|こたい}}も見られます。ここまで{{Ruby|印象的|いんしょうてき}}{{ruby|差(「別|せいさ」。オスとメスべつ}}ちがいによる{{Ruby|のこと。)|さ}}ほか{{Ruby|大型|おおがた}}のネコ科には見られません。
 
尾(「お」。しっぽ。){{ruby||はし}}には、ほかのネコ科動物には見られないふさがついており、尾の中には{{Ruby||ほね}}があります。昔の人が言うには、「ライオンは{{Ruby|戦闘|せんとう}}前にそのふさで自分をむち打ち、{{Ruby|狂乱状態|きょうらんじょうたい}}に追い込む」そこんでいたようです。
 
== {{Ruby||む}}れ ==
ネコ科動物でライオンは最も社会的であり、一頭から三頭のオスと最大13頭ほどのメスや児(「こ」。供のこと。)による「プライド」と{{ruby||よ}}ばれる大きな{{Ruby||む}}れで生活します。その内、メスはほとんどは血族(「けつぞく」。親子や兄弟のように血がつながっている。)ライオンにより構成されています。犬や狼(おおかみ)の集団と習性や獲物(えもの)にとっての脅威(きょうい)が似ています。
 
オスはメスよりもとっても強く、メスによる{{ruby||か}}りやがハイエナなどの{{ruby||にねらわれるなど{{Ruby|危険|きけん}}{{ruby|に護衛(「ごえ|さ」。まもること。)し}}に守ります。ときには敵が別のライオンであっても、オスのライオンは{{Ruby|筋肉|きんにく}}{{Ruby|戦術|せんじゅつ}}を用いて敵を{{Ruby|撃退|げきたい}}してなわばりを守ります。
 
プライドでは{{Ruby|血縁|けつえん}}{{Ruby|関係|かんけい}}なく児は育てられ、オスライオンが狩りに出る間、1匹か2匹のメスが子守り(こもり)をしています。孤児になった場合は叔母などの血縁が近いメスが子育てを引き継ぎます。
 
sciencedirect.comの調査によると、『雄ライオンは優れた狩人で、縄張りを持たない水牛を主に狩る一方、雌はヌーのような個体数の多い中型の有蹄類(ゆうているい)を狩る。』このサイトではオスやメスの狩りの写真を掲載しています。http://www.laocomics.com/blog/category/animals/.
4,136

回編集