「高等学校日本史B/律令国家への道」の版間の差分

M (little)
タグ: 2017年版ソースエディター
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 大化の改新 ==
=== 厩戸王の死後 ===
[[File:飛鳥時代の天皇の系図.svg|thumb|500px|飛鳥時代の天皇大王の系図-青四角:大王(天皇)・赤字:女性・数字は即位した順]]
 
622年に厩戸王 (聖徳太子) が、次いで626年に{{Ruby|大臣|おおおみ}}の{{中付きルビ|1=3|2=蘇我|6=馬子|3=そが|4= |5=の|7=うまこ}}が死去すると、子の蘇我{{Ruby|蝦夷|えみし}}とその (蝦夷の子) である蘇我{{Ruby|入鹿|いるか}}がヤマト政権で権勢をふるった。
 
当時の倭国は'''唐'''の外圧に対処するため中央集権を進める必要に迫られていたが、643年に蘇我入鹿が厩戸王の子である{{中付きルビ|1=3|2=山背|6=大兄|4= |10=王|3=やましろ|5=の|7=おおえ|8= |9=の|11=おう}}とその一族を滅ぼし、蘇我氏一族への権力集中を図った。このように強権的な蘇我氏に対して、豪族や大王 (天皇) 中心の国家体制を目指す勢力からの不満が高まっていった。
 
中央集権国家を目指す'''{{中付きルビ|1=5|2=中|6=大兄|10=皇子|3=なか|4= |5=の|7=おおえ|8= |9=の|11=みこ}}'''と、'''{{中付きルビ|1=3|2=中臣|6=鎌足|3=なかとみ|4= |5=の|7=かまたり}}'''らが{{中付きルビ|1=7|2=蘇我|6=倉山|8=田|12=石川|14=麻呂|3=そが|4= |5=の|7=くらやま|9=だ|10= |11=の|13=いしかわ|15=まろ}}らと謀り、645年に蘇我入鹿を殺害した。蝦夷はこの事件を知り自殺して、蘇我宗家は滅んだ。これを{{Ruby|'''乙巳'''|いっし|の変}}という。
 
=== 大化の改新 ===
乙巳の変ののち、皇極天皇は退位し、弟の{{Ruby|軽皇子|かるのみこ}}が新たに大王に即位した('''孝徳天皇''')。なお、当時生前に大王が譲位するのは異例のことで、天皇譲位の初例とされる。皇太子となった中大兄皇子らが政権を主導し、政治改革を次々と行なった。この一連の改革を{{Ruby|'''大化の改新'''|たいかのかいしん}}という。645年に初めて元号を「{{Ruby|大化|たいか}}」に定めたとされる。
 
[[ファイル:Preceding naniwanomiya.jpg|thumb|300px|{{中付きルビ|1=3|2=難波|6=宮|3=なにわ|4= |5=の|7=みや}}の復元模型([[w:大阪歴史博物館|大阪歴史博物館]])]]
大王は現在の大阪府にあった{{中付きルビ|1=|2=難波|4=長|6=柄|10=豊碕|14=宮|3=なにわ|5=なが|7=ら|8= |9=の|11=とよさき|12= |13=の|15=みや}}'''難波宮'''と呼ばれる)に[[wikt:遷都|遷都]]し、政治改革が進められた。新政権は右大臣に{{中付きルビ|1=|2=阿部|6=内|8=麻呂|3=あべ|4= |5=の|7=うち|9=まろ}}、左大臣に蘇我倉山石川麻呂、{{Ruby|内臣|うちつおみ}}に中臣鎌足をそれぞれ登用した。また、妹子の遣隋使に同行した{{中付きルビ|1=|2=高向|6=玄|8=理|3=たかむこ|4= |5=の|7=げん|9=り}}・{{Ruby|旻|みん}}らは{{Ruby|国博士|くにのはかせ}}として登用された。
 
645年、中大兄皇子は有力な大王候補であった{{中付きルビ||2=古人|6=大兄|10=王|3=ふるひと|4= |5=の|7=おおえ|8= |9=の|11=おう}}を滅ぼし、649年には対立を深めた蘇我倉山田石川麻呂を滅ぼして政権から有力な豪族を排除、中央集権を強めた。
 
乙巳の変の翌年の646年に{{Ruby|'''改新の詔'''|かいしんのみことのり}}が出された。これはいわば新政権の施政方針であり、『日本書紀』にその本文が見られる。(ただし、一部後世に付け足したと思われる内容も散見される)
 
'''公地公民'''(こうちこうみん)、'''班田収授'''(はんでんしゅうじゅ)、租()・庸(よう)・調(ちょう)などの税制の整備、'''戸籍'''・'''計帳'''の創設、'''国司'''(こくし)の設置等が主な内容であった。
* '''公地公民'''
これまで豪族や王族たちが持っていた土地や人民は、すべて朝廷のものであるとした。また、朝廷が管理できない土地、人民の存在を禁止した。
55

回編集