「D言語」の版間の差分

→‎型: 「これ」とはどれか問題。
(→‎コメント: とりあえず記述。)
(→‎型: 「これ」とはどれか問題。)
型(かた)というのは変数の形式です。
 
コンピューターでは数値として整数(-1, 0, 1, 2 など)や実数(1.4142, 3.1415 など)を扱う事ができます。
C言語と同様に、D言語ではこれらも整数をint型、浮動少数をfloat型と言います。
他に重要な型として、文字1文字を表す文字型があり、これもC言語と同様に、char型として存在します。
これもC言語と同様に、char型として存在します。
 
ポインタ型という型もあり、そのポインタ型であるT* aはT型へのポインタを表します。
18,894

回編集