「PHP/入門/関数とは」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
 
値を返すには <code>return </code>という宣言を使う。returnはその後に書かれた確定値 (整数、浮動小数、文字列) を返す。
例えば、
 
 
例えば、下記のコードは、単純に関数fが1を返す関数である。
 
<syntaxhighlight lang="PHP">
<?php
$numa = pif();
 
print $numa;
 
function f(){
return 1;
?>
</syntaxhighlight>
 
実行すると、結果
1
3.1415926535898
のように表示される。
 
;解説
<code>pi()</code> は、円周率の数値を返す関数である。
上記コードを実行すると、まずf()が呼び出され、f()から1が返され、その値が<code> $a = f(); </code>という代入命令により $a には 1が代入される。
 
なお、プログラミングでは代入命令の式は一般に、右辺から先に実行される。
 
下記のコードは、単純に1を返す関数である。
 
;参考
<syntaxhighlight lang="PHP">
<?php
$anum = fpi();
 
print $anum;
 
function f(){
return 1;
?>
</syntaxhighlight>
 
を実行すると、
関数が値を返すようにするには、return 命令を使う。
3.1415926535898
その後に書いた値 (整数、実数、文字列) を返す。
のように表示される。
 
<code>pi()</code> は、円周率の数値を返す関数である。
 
これを実行すると、$a には 1が代入される。
 
== 引数をもつ関数 ==
23,078

回編集