「生活と進路」の版間の差分

高専関連加筆ほか
(高専関連加筆ほか)
中等教育においては、前期中等教育を終えた後に後期中等教育に進学する。ただし前期中等教育を終えなくても後期中等教育に進学できることもある。詳しくは、都道府県の教育委員会などに問い合わせると分かる。なお、日本国民は、最低限、前期中等教育までを受ける権利を有し、かつまた、保護者は受けさせる義務を有す。
 
[==== 前期]課程 ====
 
* 中学校
: 学べることは中学校とほぼ同一であり、後期課程を終えると、高等学校に進学する。
 
[==== 後期]課程 ====
 
* 高等学校
* 高等専門学校
 
: (中([[#高等教育]]の節に記載あり)。)
: 5年制の学校で、卒業すると大学2年までを修了したのと同じレベルとされる。工業や商船(船に関係すること)が学べる学校が多い。
 
* 専修学校の高等課程
* 高等専門学校
 
: 5年制の学校で、卒業すると大学2年までを修了したのと同じレベル([[w:準学士|準学士]])とされる。工や商船(船に関係すること)が学べる学校が多い。中学卒業者を新入学対象としており、1 - 3年生は中等教育後期課程と同じ年代となるが、高等教育に分類される
: (中等教育の節に記載あり)
 
* 専修学校(高等課程、専門課程、一般課程)
: 専修学校よりも設置基準が緩い学校で、学ぶ期間は3か月以上である。
 
==== 研究職水準 ====
 
* 大学院
4

回編集