「和声学/4声体の配置/4声体」の版間の差分

削除依頼
編集の要約なし
(削除依頼)
{{sakujo|和声学/和声の基礎 - トーク 以下の一連の記事}}
和声法の実地においては、通常、混声4部合唱の形が使用される。
つまり、一つの和音は四つの声部(ソプラノ・アルト・テノール・バス)で表される。