「Wikibooks:ページ名の付け方」の版間の差分

ノートに従い基本方針を大幅変更+α(訂正・議論お願いします)
M ({{Proposed}})
(ノートに従い基本方針を大幅変更+α(訂正・議論お願いします))
 
== 基本方針 ==
ウィキブックスは教科書であって辞書ではありませんから、"言葉" ではなく書かれる "話題" について十分考慮し、適切なタイトルをつけます。また、一般的には複数のページによって一つの "本" が出来上がりますから、ページごとに勝手な名前をつけるというのは得策ではありません。そこで基本的な方針として、そのページの属するべき本・セクション特性従いよって以下のようにタイトルをつけることが推奨されます。
* 書名
** 書名_章名
*** 書名_章名_節名
**** 書名_章名_節名_項名
のような形式を採用することを推奨します。この形式ならばページ名が衝突する可能性も軽減して良いと思われます。アンダースコア"_" はページ名においては半角スペース" "と同等です。基本的に半角スペースで区切る方がよいでしょう(これらの代わりにハイフン "-" などを区切りとして用いることができるかもしれません。しかし、コロン ":" や斜線 "/" は後述するようになるべく用いないで区切りを表現することを考えるべきです)。特に、関連の深いページ同士では統一性のある名称をつけることが望まれます。[[:en:Wikibooks:Naming_conventions|英語版の命名規則]]も参考になるかもしれません。
 
=== 内容が少数の本に属する場合 ===
このような形式にすることにより、読者が今自分がどの文書のどのあたりを読んでいるのかが正確に理解しやすくなるでしょう。ただし、必然的にページ名が長くなることになりますから、どのレベルではじめの『書名』を起こすのかについては、特に気をつけて、よく考えてみてください。分野全体をきちんとにらんで、位置づけをはっきりさせておくことが特に重要であると思われます。『書名』が決まれば、それよりメタなレベルに位置するはずのページは、書庫としての機能を持ったことになります。
 
*** 書名_/章名_/節名(/項名…)
例えば、[[数学]]の[[解析学]]の分野で微分方程式の教科書を書くために、書名を『[[微分方程式論]]』にしたとしましょう。「常微分方程式」と「偏微分方程式」を章に立てて、「常微分方程式」に線型方程式の話を節として編集するならば、ページの名称は
 
: [[微分方程式論 常微分方程式 線型方程式]]
 
となるでしょう。もちろん
このように記述するとわかりやすいでしょう。ただし、あまり深部まで階層化してしまうのはタイトルの読みづらさや記事自体の見つけにくさなどにもつながってくるため、節名まで(3階層)を目安にタイトルを吟味すると良いかもしれません。「/(スラッシュ)」は、姉妹サイトのウィキペディアなどでは推奨されない記号となっていますが、ウィキブックスでは本という性質上、違った見解がなされています。「/(スラッシュ)」が推奨される理由として、これを用いるとページ上部に
: [[微分方程式論 常微分方程式 1]]
 
: [[微分方程式論 常微分方程式 2]]
[[Java]]>[[Java/基礎 反復処理]]
: …
 
といった形式もありえます。この場合には、自分以外の利用者への便宜を図るためにも、各ページの冒頭などにページの概要をきちんと記すことを忘れないでください。
のような上部階層へのリンクが自動的に付加される事が挙げられます。ウィキペディアとの大きな違いは本という性質上ある程度の階層化が前提となるという事なので、この機能はまさにウィキブックスでこそ使われるべき機能と言えます。''[[Wikibooks‐ノート:ページ名の付け方#『記事名(項目名)自体に「/」を含む場合』について|反対される理由]]''の一つとしてTCP/IPなど「/」を用いたのページが作れなくなる、というものがありますがこれは[[TCP]]という親ページが存在しない限り問題なく[[TCP/IP]]という親ページとして作成することができます。
そしてこのページ名が[[微分方程式論 常微分方程式]]あるいは[[微分方程式論]]というページに目次の一項目として記述されます。また、『[[微分方程式論]]』という教科書を収めるための[[解析学]]というページは書庫として扱われることになります。
 
 
 
しかし、この方針は以下の場合には注意が必要です。
 
=== 内容が複数の本に属すると予想される場合 ===
例えば、[[TOEIC]]という記事があります。これは「英語/TOIEC」としても良いでしょうか。
 
答えは否です。TOEICは確かに英語学習の一環とも取れますが、「資格試験対策」(現在は存在しません)の方が適切とも考えられます。このようにどのカテゴリに入るかの微妙な判断を迫られる場合は「/」は使用せず、そのまま書名を「TOEIC」として作成する事をお勧めします。また、このような場合は特に「英語」や「資格試験対策」のような''大きなくくりとなるページにリンクを貼ることが強く勧められます''。
 
=== 大きなくくりとなるページを作る場合 ===
この場合も書名「[[数学]]」のように特にサブページ化する必要はありません。階層化を意識しすぎると「自然科学/数学」の方が良いのではないかと考える人もいるかもしれませんが、あまり整然とさせない事も後々の編集のためには良いことです。
 
 
 
どこまでを書名とし、どこからを章名、節名とするかについてウィキブックスでは現在議論がなされていません。しかし一つの基準として、''書名のページで読みたい本や章を探し、章名・節名のページで具体的な内容を学ぶ''という構造を意識すると良いかもしれません。
 
なお、以下の一般的な指針に従ってください。
 
==一般的な指針==
##'''句読点'''と'''カギ括弧「」'''、'''中黒・'''は'''全角'''を使用。(日本語特有のため)
##システム上、ページ名に使えない半角記号は以下。必要であれば全角を使わなければならないが、使用には注意。
::" # $ * + < > = ? @ [ ] \ ^ ` { } | ~ &
 
===日本語を使うこと===
 
===使い方に注意すべき記号===
「/」と「:」の記号は、ページ名と副題との区切りに用いられることがありますが、'''区切りとして用いるべきではありません'''。これらの記号を名称の一部として含むページ([[w:TCP/IP|TCP/IP]]や[[w:マジック:ザ・ギャザリング|マジック:ザ・ギャザリング]]など)があるためです。区切りが必要な場合には、パイプのトリックも使えるので、「ページ名_(分類)」のような形式を用いてください
 
===特殊記号の使用は慎重にすること===
148

回編集