「線型代数学/ベクトル」の版間の差分

M
編集の要約なし
M編集の要約なし
M編集の要約なし
 
また、n個の'''K'''の元を横に並べたものを'''n次行ベクトル'''とよび、次のように括弧でかこんだ中にn個の横に並べた'''K'''の元を書く。
:<math>\mathbf a= \begin{pmatrix} (a_1 &&, a_2 &&, \cdots &&, a_n \end{pmatrix})</math>
 
a<sub>1</sub>, a<sub>2</sub>, …, a<sub>n</sub>をベクトル'''a'''の'''成分'''(element)と呼び、特にa<sub>k</sub>を'''a'''の第k成分と呼ぶ。
260

回編集