「プログラミング/学習方法」の版間の差分

 
そのプログラム言語の、初心者むけの解説書や解説サイトや電子掲示板などが、(すくなくとも日本では)充実していることも、重要である。そのコミュニティが、情報のやりとりをしやすいコミュニティであることも、重要である。
 
もし仮に、ある新プログラム言語で、公式サイトで「Hello World」としか書けないサンプルコードしか公式サイトで紹介されない言語があったとしても、社会ではその言語はいらない。
 
 
このため、初心者は、市販の教材の充実している標準C言語や、JavaScript などを学ぶのが良いだろう。
 
 
新言語なら、せめて公式サイトのチュートリアルで、条件分岐や繰り返しなど、最低限の制御構造くらいは、初心者むけの噛み砕いた説明が、公式サイトなどに完備している必要があるだろう。
 
なぜなら、もし単に画面を文字を表示するだけなら、わざわざプログラムをする必要は無く、Windows「ペイント」や「メモ帳」のようなアプリでも充分だからだ。
 
ホームセンターでドリルを買っていく人の欲しい結果は、穴である。ドリルは手段でしかない。プログラム言語も、手段でしかない。
 
== ユーザー視点の必要性 ==
22,700

回編集