「プログラミング/学習方法」の版間の差分

とりあえず、C言語と、web系のJavaScriptなどについて
編集の要約なし
(とりあえず、C言語と、web系のJavaScriptなどについて)
 
== 分野別の学習方法 ==
=== Linux 関係C言語の学習 ===
C言語の学習は、やはり、条件分岐や繰り返しなどの、基本的な文法事項を習得する事です。
 
コマンドラインだけのアプリケーションでもいいので、実際にコードを書いて実行してみましょう。
 
 
なお、「ポインタ」は、余裕があれば学ぶに越した事はありませんが、実は現代では、他の言語では、あまり使いません。
 
まして、malloc だのメモリ操作の関数は、まず初心者には不要です。
 
ただし現在では、C言語を直接イジる機会は減っています。なぜなら、たとえば web系の用途なら、JavaScript や PHP など、より特化した言語を使う機会のほうが増えているからです。
 
 
=== web系の学習 ===
インターネットのプログラミングの学習では、まず、(プログラム言語ではないですが)[[HTML]]の知識が必要です。
 
とりあえずHTMLで、文字の色を変えたりとか、表を作ったりとか、画像を表示したりできるレベルになるまでは、先にHTMLを学びましょう。
 
 
さて、HTMLに動作をつけるには、JavaScriptなど他のプログラム言語が必要です。
 
web系のプログラミングでは、webに特化したプログラム言語(JavaScriptまたはPHPやGo言語)を使うほうが効率的です。
 
一応、[[CGI]]などを仕組みを使うと、C言語でも、他のどの言語でもサーバーアプリを動かせるのですが、しかし、CGI利用は、だいぶ学習が非効率です。
 
なので、[[JavaScript]]や[[PHP]]など、web専用的な言語を使うほうが効率的です。
 
サーバ側を学ぶなら、PHPです。
 
クライアント側(サーバ側でない一般利用者のこと)を学ぶなら、JavaScriptです。
 
初心者は、まずクライアント側のjavaScriptを学ぶほうが効率的です。
 
サーバ側だと、Apacheなどのサーバソフトの使い方も習得する必要があり、やや学習の敷居が高くなります。
 
 
なお、サーバ側もクライアント側も前提の知識として、HTMLの知識が両方とも必要です。
 
なお、Go言語は、サーバ系への特化を謳っていますが、現状(2020年に記述)では市販の解説本が不足しているのが難点です。
 
 
=== やや高度な分野 ===
==== Linux 関係 ====
まず、書店にある、Linuxの勉強法は、方向性が かなり間違っている。
 
 
 
==== 機械語やアセンブラ ====
機械語の勉強で、最初にインテル記法とかAT&T記法とかを覚えさせるのはマチガイ。
 
22,684

回編集