「プログラミング/学習方法」の版間の差分

また、見落としがちですが、理念を暗記しても無駄です。なぜなら理念ごと、変わるからです。
 
たとえば Java の理念は、1990年代と2020年代の今とでは、確実に違います。(たとえば、90年代頃のかつて「Javaアプレット」などの技術があったが、それらIT業界流行と理念が代わり、「Javaアプレット」は廃止・衰退した。)
 
 
さて、不規則な文法を認める事は、入力はラクになりますが、しかしバグなどの原因にもなります。また、第三者がコードを読みづらくなる場合があります。このため、古いバージョンで認められていた不規則な文法が廃止される事も、いろいろな言語でよくあります。
諺(ことわざ)で「あちらを立てれば、こちらが立たず」と言いますが、イイとこ取りは出来ないのです。
 
たとえば、変数aの内容の画面出力の際、
なので、理念の取捨選択が定期的に行われ、理念が変化します。
print(a)
print a
とカッコ抜きで書くのを認めるべきかどうか、というような問題です。(古いPythonでは「print a 」みたいなカッコ抜きの書式が認められていたが、Python 3以降の現在では禁止されている。)
 
 
諺(ことわざ)で「あちらを立てれば、こちらが立たず」と言いますように、イイとこ取りは出来ないのです。
 
なので、プログラム言語そのものの開発では、理念の取捨選択が定期的に行われ、理念が変化します。
 
その理念が、「今後いつまで、その理念が続きそうか?」という予想も含めて、理念を分析するようにしましょう。
 
 
PythonにしろPHPにしろGo言語にしろ、登場したばかりの時や普及前のときは、文法が比較的に自由だったり不規則な記法が多くても、普及とともに、文法が厳格化していく事がよくあります。
 
なので、誕生時や普及前の理念を、いまだに鵜吞みにしつづけないように気をつけましょう。
 
== 分野別の学習方法 ==
22,684

回編集