「検定教科書」の版間の差分

少し加筆。
(「京都書房」が抜けていたので追加。)
(少し加筆。)
==はじめに==
[[File:日本の教科書.jpg|thumb|検定済教科書の表示が書かれた教科書]]
[[File:Image of MEXT certified textbook.svg|thumb|220px|教科書(番号)のイメージ ※内容は架空のもの]]
小学校・中学校・高等学校で使用されている教科書は、文部科学省大臣の検定を受けた上で出版されている。この検定を受けて正式に教科書として利用できる教科書のことを、'''文部科学省検定済教科書'''(以下、検定教科書」あるいは単に「教科書」)という。なお、特別支援学校の教科書の一部や高等学校の専門科目の一部は文部科学省が著作しており、'''文部科学省著作教科書'''と呼ばれる。検定教科書は4年のサイクルで検定・採択が行われる。検定教科書は4~5年ごとに改訂される<ref>毎年、「改訂」ほどでなくとも、誤字の修正・情報の更新などを行うことがある。</ref>。公立学校では市区町村ごとに、国立・私立学校では学校ごとに採択教科書を決定する。
各教科書には、'''教科書番号'''が付与されている。この教科書番号で、特定の教科書を把握したり、市販のワークブックを購入したりする際の参考となる。
 
== 検定教科書の閲覧入手方法 ==
小中高校で教育を受ける場合は、入手できる手段が確保できている<ref>小中学校の検定教科書は、税金を利用して無償で賄われている。</ref>。研究目的の編集者の場合は、検定教科書は一般の書店では売っていないので、もし小学生・中学生・高校生の家族がいるならば、使い終わった検定教科書を捨てさせずに、譲ってもらうという方法もある(古い場合があるので注意すること)。
以下、検定教科書の購入方法および検定教科書を閲覧する方法を紹介する。
 
=== 検定教科書購入方法 ===
この節では、上記の入手法とは別に、自分で検定教科書を購入する場合について述べる(このような購入も法的に可能である)。学校で児童・生徒に配布される教科書は、税金を通して無償で賄われているが、一般販売の教科書を購入する場合は有償となる
* 各学校の教科書取次店や教科書取扱店で注文できるのが普通である。多くすべて地域では近く都道府県にその都道府県の学校の教科書(場合によってはほかの教科書も)を取り扱っている教科取次店や教科書取扱店がある。
* ただし、一般の書店では原則として検定教科書は取り扱っていないので注意。
例えば東京圏であれば、神保町三省堂書店や、または第一教科書<ref>JR中央線大久保駅南口にある。東京都新宿区百人町1丁目22-20</ref>などで購入や注文が行えるはずである。
 
{{コラム|教科書の価格|定価については[https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/mokuroku.htm こちら]に記載されている値段と同じである。小学校・中学校の各教科で出版社に関係なく価格が固定されており、1つの教科書の値段が最も安いもので1冊約150円 <!-- 小学校書写 -->、最も高いもので1冊約1,350円<!-- 高校地図 ※専門分野の教科書は対象外とした場合-->までさまざまである。なお1つの教科書が複数冊になっている場合(上巻と下巻、教科書と教科書準拠ノートなど)は、それぞれの価格の合計が決まった価格となっている。|}}
{{コラム|教科書の購入時期|教科書は、普通3月~4月上旬、あるいは8月~9月上旬に学校に配布される。当然児童・生徒への配布が最優先であるため、一般向けへの配布はやや遅れる。規定により、小中学校の1冊で構成されている教科書や2冊制の教科書の上巻(前期通年用)は4月16日から、2冊制の教科書の下巻(後期用)は9月16日より販売となる。}}
{{コラム|2020年度の小学校教科書の使用|小学校4年の社会は、2019年度に3年の教科書とともに配布された教科書を使うため2020年は発行されない。また、学習指導要領での記述が2学年ごとになっているが、教科書は学年ごとに発行される国語・書写・生活・音楽・道徳において、偶数学年については、旧教科書を使用することも可能である。}}
 
 
 
=== 検定教科書の閲覧方法 ===
また、[[w:国立国会図書館]]([[w:国際子ども図書館]])を利用する方法がある。ここに行けば、余程のことがない限り全ての教科書を閲覧することが可能である。探している教科書がどうしてもない場合は、活用してみると良いだろう。
 
なおさらに、教科書の購入・閲覧ができない場合採択を決定する年には、各都道府県で数日~2週間ほど、住民に採択する教科書会社のホームページアクセスすついての意見を聞くための教科書展示会が行われため、員向け科書「年間指導計画」を本を閲覧することができる(教員でなくても。ただし、本来の目的は住民に意られる場合がほを問うこんどである)ため、でき閲覧することで大まかした後に意見内容を知ることがでどは書いておたい
 
なお、各教科書会社のホームページにアクセスすると教員向けの「年間指導計画」を見ることができる(教員でなくても見られる場合がほとんどである)ため、それを閲覧することで大まかな内容を知ることができる。
 
==特殊な教科書==
小学校・中学校の、学校で配られるような、教科書準拠の資料集やワークブック類などの副読本の多くは、原則的として一般人は購入できない<ref>書店に並んでいるワークブック類は、学校配布ワークブックとは別のワークブックの場合が多い。</ref>。これら学校配布の副読本は、行政的に流通が規制されていたり、または出版元・販売元である学校配布教材の教材会社が、教科書取扱店での市販に消極的であったりする。なので、もし私たち一般人が教科書取扱店で注文しても、その地域の小学校・中学校の教員による許可がないと中間業者が注文を受け付けず、担当科目の教員でない一般人は購入できないのが通常である。
 
ところで、もしWikibooks執筆のための研究目的の編集者で教材を購入する場合、いくつかの教科では検定教科書だけではなく副読本などの別教材も確認する必要がある。
 
また、一見すると検定教科書に見えても、分類上は検定教科書でない教材もある。例えば、体育実技のための学校配布の書籍(いろんなスポーツのルールや練習例の写真・イラストのある本)は、教科書会社発行の副読本である。保健体育の検定教科書では、保健分野と体育理論のみとなる<ref>規定により、体育実技は取り上げてはいけないことになっているため。</ref>。
 
=== 2020年度発行者リスト ===
以下、出版社名にあるリンクは、その出版社の公式ホームページ(の教科書ページ)とリンクしていまのものです。連絡先などは、当該ぺージを参考にしてください。
{| class="wikitable sortable"
|-
|15|| 三省堂 ||[https://tb.sanseido-publ.co.jp/e-school/ 三省堂]|| 英語 || 国語・書写・英語 || 国語・英語(コミュニケーション・表現・会話)
|-
|17|| 教出 ||[https://www.kyoiku-shuppan.co.jp/ 教育出版]|| 国語・書写・社会・算数・理科・生活・音楽・英語・道徳 || 国語・書写・社会(地理・歴史・公民)・数学・理科・英語・音楽(音楽・器楽)・道徳 || 国語・公民・芸術(音楽・書道)・英語
|-
|26|| 信教 ||[http://www.shinkyo-pub.or.jp/ 信州教育出版社]|| 理科・生活
|89|| 友社 ||[https://www.ongakunotomo.co.jp/ 音楽之友社]
|style="background-color:#777" |(なし)
|style="background-color:#777" |(なし)|| 芸術(音楽)
|-
|104|| 数研 ||[https://www.chart.co.jp/ 数研出版]
|205|| 三友 ||[http://sanyusha-shuppan.com/forteacher/textbook/ 三友社出版]
|style="background-color:#777" |(なし)
|style="background-color:#777" |(なし) || 英語(表現・コミュニケーション・表現)
|-
|207|| 文教 ||[http://www.bunkyosya.co.jp/ 文教社] || 保健体育
|212|| 桐原 ||[https://www.kirihara.co.jp/ 桐原書店]
|style="background-color:#777" |(なし)
|style="background-color:#777" |(なし) || 国語・英語(コミュニケーション・表現)
|-
|218|| 京書 ||[https://www.kyo-sho.com/ 京都書房]
4,136

回編集