「検定教科書」の版間の差分

→‎検定教科書の閲覧方法: 「ここに行けば」のこことは国会図書館なので「国会図書館に行けば」に言い換え。近くに一般の図書館の話題があるので、混同の恐れがあるので区別のため。
(言葉のミス。連投すみません。)
(→‎検定教科書の閲覧方法: 「ここに行けば」のこことは国会図書館なので「国会図書館に行けば」に言い換え。近くに一般の図書館の話題があるので、混同の恐れがあるので区別のため。)
 
まず、その地域の図書館を利用するとよい。市区町村の図書館には、その市区町村立小・中学校で使用している教科書(およびほかの教科書)を置いていることがある。地域により異なるが、借りることができる場合があるので、興味があるなら図書館に行ってみるとよい。
また、[[w:国立国会図書館]]([[w:国際子ども図書館]])を利用する方法がある。ここ国会図書館に行けば、余程のことがない限り全ての教科書を閲覧することが可能である。探している教科書がどうしてもない場合は、活用してみると良いだろう。
 
さらに、教科書採択を実施する年には、6月12日~7月31日までの任意の14日間ほど、各都道府県の施設で住民に採択する教科書についての意見を聞くための教科書展示会が行われるため<ref>実施機関や教科書の種類などは都道府県によって異なるので、各都道府県のホームページなどを参考にしてください。</ref>、教科書の見本を閲覧することができる。ただし、本来の目的は住民に意見を問うことであるため、できれば閲覧した後に意見などを書いておきたい。
17,711

回編集