「生理学」の版間の差分

(図を追加. ; 大学生用の血液凝固の図)
 
内因性も外因性も、共通して、血液中の第X因子がカルシウムの存在のもとに活性化された結果としてXa因子となる。
 
 
:※ 作図の都合で、X→Xa を内因性と外因性の2箇所に分けて重複して記述しているが、教科書によっては1箇所でまとめているものもある(『標準生理学』や『生理学テキスト』など)。 一方、『シンプル生理学』や『はじめの一歩のイラスト生理学』(羊土社)などは2箇所にX→Xaを分けて書いているので、本wikiのように2箇所に分けてX→Xaを書いても、間違いではない。
 
そして、そのXa因子によって、プロトロンビンがトリンビンに変化する。
 
{{-}}
 
== 生理学で扱う項目 ==
=== 神経系総論 ===
23,377

回編集