「Windows API/図形の描画」の版間の差分

(機械語 2019年12月22日 (日) 12:13‎ の内容を、こちらに移動。画像ファイル作成方法で使いそうなので。)
である。
 
 
だが、実際はまず、作成しようとする画像を編集するためのプログラムが先に必要である。このため、下記のような、バイナリファイルの知識が必要になる。
また、BITMAPINFO構造体の設定は、
 
<pre>
BITMAPINFO bmpInfo; // 構造体変数の宣言。慣習的に構造体変数名は小文字 bmpinfo がよく使われる
 
bmpInfo.bmiHeader.biSize=sizeof(BITMAPINFOHEADER);
bmpInfo.bmiHeader.biWidth = teikeiX; // 関数などによって与えられる定型値
bmpInfo.bmiHeader.biHeight = teikeV; // 定型値
bmpInfo.bmiHeader.biPlanes = 1;
bmpInfo.bmiHeader.biBitCount = 32;
bmpInfo.bmiHeader.biCompression = BI_RGB;
</pre>
 
のようになる。
 
その後、・・・(※ 調査中)
 
だが、実際はまず、作成しようとする画像を目視しながら編集するためのプログラムが先に必要である。このため、下記のような、バイナリファイルの知識が必要になるだろう
 
== 画像ファイルのバイナリ ==
21,933

回編集