「生理学」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
:※ 「非競合」アンタゴニストの名前と内容が直感的に分かりづらいかもしれないが、これはおそらくだが由来は、受容体の本来の結合部位以外にアンタゴニストが結合するなどして、このような現象が起きているという説がある<ref>『標準薬理学』</ref><ref>『NEW薬理学』</ref>ので(なお、このような現象を「アロステリック」<ref>『NEW薬理学』</ref>という)、このような名前がついているのだろう。
 
なお、このようなアロステリックなメカニズム結合は、他の薬物との結合が変わる場合以外にも、受容体の本来作動効率が変わる場合もあり、たとえば通常GABA受容体とは異なる結合部位と同じ部位に結合するアンタゴニストでも、いちどアンタゴニストがのGABA<sub>A</sub>受容体に結合たら非可逆的に外れない特性をもつアてベタゴニストでも、この非競合ゾジセピタゴニ系薬がアロトのテリック的に結合することにうなグラフの変化り、作動効率起き変わる<ref>『NEW標準薬理学』、P13</ref><ref>『シンプルパートナー薬理学』、P29</ref>とされている
 
 
なお、このようなアロステリックなメカニズム以外にも、受容体の本来の結合部位と同じ部位に結合するアンタゴニストでも、いちどアンタゴニストが受容体に結合したら非可逆的に外れい特性をもつアンタゴニストでも、この非競合アンタゴニストの例としては、ノルアドレナリンと、それに対するようなグラェノキシベンザミンの変化起きる<ref>『シンプルNEW薬理学』、P7</ref><ref>『パートナーシンプル薬理学』、改訂第3版、P29</ref>とされている
 
このような不可逆的な非競合アンタゴニストの例としては、ノルアドレナリンと、それに対するフェノキシベンザミンがある<ref>『シンプル薬理学』、P7</ref><ref>『パートナー薬理学』、改訂第3版、P29</ref>。
}}
 
23,377

回編集