「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
 
プロスタグランジンを製剤化したプロスタグランジン製剤(主にPGE1<ref>『シンプル薬理学』、P200 </ref>)が一部では用いられているが、しか通常ではエイコサイノドは薬剤としては用いない場合が多い。なぜなら薬剤としては副作用が多く、薬剤としての利用は比較的に限られる<ref>『NEW薬理学』、P179 </ref>。
:※ エイコサノイドの臨床応用の具体例について、『標準薬理学』に詳しい記述あり。
 
 
 
なお、シクロオキシゲナーゼ(COX)には、少なくともCOX-1とCOX-2の2種類がある事が分かっている。
 
 
上述のように全体的には、胃・十二指腸の防御因子として機能している<ref>『NEW薬理学』、P179 </ref><ref>『パートナー薬理学』、P375 </ref>。
 
 
== プロスタグランジン関連の薬剤 ==
* [[薬理学/抗炎症薬および関連薬#非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)]]
 
== 脚注 ==
23,477

回編集