「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

 
ただし連用すると、胃内のpHが低下している状態で酸分泌の持続する現象('''酸反跳''')が起き<ref>『NEW薬理学』、P489</ref><ref>『標準薬理学』、P538</ref>、休薬後に起きやすい<ref>『NEW薬理学』、P489</ref>。
 
 
また、炭酸水素ナトリウムは体内に吸収されるので<ref>『NEW薬理学』、P489</ref><ref>『パートナー薬理学』、P321</ref>、大量に服用するとアルカローシスを引きおこす<ref>『シンプル薬理学』、P197</ref><ref>『パートナー薬理学』、P321</ref>。
 
 
23,477

回編集