「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
 
=== 潰瘍炎症疾患 ===
炎症性腸疾患は主に、クローン病と潰瘍性大腸炎の2つがある。
 
クローン病とは、口腔<ref>『パートナー薬理学』、P338</ref>から小腸、大腸にいたるまでの粘膜に多発的に肉芽腫性の炎症のできる病気。クローン病はおそらく自己免疫疾患<ref>『パートナー薬理学』、P338</ref>の一種かと考えられているが、原因不明<ref>『標準薬理学』、P546</ref>。
 
潰瘍性大腸炎は大腸に限局的に潰瘍のできる病気であり、原因不明<ref>『NEW薬理学』、P495</ref>。
 
 
==== 潰瘍性大腸炎 ====
'''サラゾスルファピリジン'''はアゾ基を持つ<ref>『NEW薬理学』、P495</ref>サルファ薬である。
 
23,477

回編集