「将棋」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|先手 なし
|1手目▲9六歩まで}}
特に[[w:英春流|英春流]]カメレオン戦法での初手として知られる。
 
棋戦でも2018年1月30日 竜王戦、▲増田裕司 vs.△菅井竜也 第31期竜王戦4組ランキング戦、1981年8月 十段戦予選、▲安恵照剛 vs.△米長邦雄戦ほか数局ある。安恵-米長戦は初手9六歩に後手も1四歩と指し、戦型は先手は矢倉、後手は陽動振り飛車となった。
 
[[w:アヒル囲い|アヒル囲い]]や[[w:金開き|金開き]]といった端角を主とし、角道を開ける▲7六歩を保留する戦法において、初手として利用されることがある。相手が振り飛車にした場合には、角道不開左美濃・飯島流引き角などに誘導することも可能。
 
先手が中飛車を志向し、端角中飛車にするのであれば、初手に▲5六歩や5八飛のほかに、▲9六歩なども活用される。以下△8四歩に▲9七角△6二銀▲5六歩~5八飛で一局。なお、後手の2手目△3四歩であれば後手が相振り飛車に誘導することもありえる。
{{-}}