「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

編集の要約なし
M (すじにくシチュー がページ「薬理学/生理活性物質」を「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」に移動しました: 消化器作用薬の内容も追記したいので。)
編集の要約なし
 
'''グラニセトロン'''、'''オンダンセトロン'''、'''アザセロトロン'''などの5-HT3受容体拮抗薬である制吐薬がある。
 
 
なお、セロトニンに5-HT<sub>1</sub>からHT<sub>3</sub>までの少なくとも3種類以上のサブタイプのある事の発見手法は、1979年にラジオアイソトープを使った手法で Snyder らによって発見された<ref>『標準薬理学』、P194</ref>。
 
 
23,473

回編集