「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

;X線バリウム検査の大まかな手順
編集の要約なし
(;X線バリウム検査の大まかな手順)
X線バリウム検査などのあとに下剤として使われる'''ソルビト-ル'''が有名。なお、X線バリウム検査で飲むのは硫酸バリウムである<ref>『はじめの一歩の薬理学』、P165</ref>。
 
{{コラム|バリウム検査|
:※ 「X線造影剤」などと医学書には書いてあるが、学生には何のことか分からないので本wikiでは「バリウム検査」と説明した。社会人だと健康診断でX線バリウム検査が追加されるんですよ。それの造影剤がバリウム。X線を撮影したあと、バリウム排便のために下剤を飲むのです。小中高だとトイレの設置数などの都合でバリウム検査が健康診断では行われない場合が普通だが、社会人だとトイレ設置数(人員1人あたり)の事情が違うので、バリウム検査させる企業もあるのです。
 
もし下剤を与えずに、バリウムが体内で放置されると、バリウムは体内で硬くなり、便秘で苦しむのです。<ref>文部科学省『疾病と看護』、教育出版株式会社、平成25年、1月20日、P65</ref>。
 
小中高だとトイレの設置数などの都合でバリウム検査が健康診断では行われない場合が普通だが、社会人だとトイレ設置数(人員1人あたり)の事情が違うので、バリウム検査させる企業もあるのです。(特に小学校あたりだと、下剤を飲まずに便秘で苦しむ馬鹿ガキとか、トイレでイタズラする糞ガキとか、絶対にいるに違いない。)
 
:なお、高等学校看護科『疾病と看護』、P65 だとバリウム検査を教えている。
 
バリウム検査では、胃潰瘍や胃癌など胃の検査をする場合、上記のバリウムに加えて、さらに胃をふくらませるために発泡剤を被験者は飲む<ref>文部科学省『疾病と看護』、教育出版株式会社、平成25年、1月20日、P65</ref>。
 
医師の視点で書けば、
:X線検査では、被験者の胃をふくらませるために発泡剤を与える。
となろう。
 
 
;X線バリウム検査の大まかな手順
なお検査の手順は、検査当日の朝は絶食になる。(なので前日までに、検査当日の朝は絶食するように、相手先の会社の管理職が従業員にそう指導するように、相手先企業に連絡しておく)。
 
そして検査当日、(通常は朝~昼のあいだに検査が行われ、)検査の直前にバリウムおよび発泡剤を患者は飲まされる、という手順である。<ref>文部科学省『疾病と看護』、教育出版株式会社、平成25年、1月20日、P65</ref>。
 
検査中、透視台を回転させたり傾けたりするので、被験者に前もって説明しておく必要がある<ref>文部科学省『疾病と看護』、教育出版株式会社、平成25年、1月20日、P65</ref>。
 
検査後、便を出さずに放置するとバリウムが固まってしまい便秘で苦しむことになるので、多めの水を飲むように指導し、必要に応じて下剤を与えておく。<ref>文部科学省『疾病と看護』、教育出版株式会社、平成25年、1月20日、P65</ref>。
}}
 
 
このほか、ラクツロースなどの糖類下剤がある。なお、ラクツロースはガラクトースとフルクトースからなる二糖体<ref>小山岩雄『超入門 新 薬理学』、照林社、2006年5月10日 第1版 第1刷発行、P144</ref><ref>『はじめの一歩の薬理学』、P165</ref>。ガラクトースは腸内で代謝により、乳糖と酢酸に分かれ、これらの成分が腸を刺激して下剤として作用する<ref>小山岩雄『超入門 新 薬理学』、照林社、2006年5月10日 第1版 第1刷発行、P144</ref><ref>『はじめの一歩の薬理学』、P165</ref>。
23,473

回編集