「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

→‎プロスタグランジン類の生理作用: 「プロスタグランディン」
(;X線バリウム検査の大まかな手順)
(→‎プロスタグランジン類の生理作用: 「プロスタグランディン」)
 
子宮平滑筋を収縮させている<ref>『標準薬理学』、P568 </ref>。
 
※ なお、日本語では慣用的に「プロスタグランジン」と書かれることが多いが、しかし英語の発音に忠実に書くなら「プロスタグランディン」である。高等学校用『疾病と看護』P322を読むと「プロスタグランディンE<sub>2</sub>」という表記がある<ref>文部科学省『疾病と看護』、平成25年1月20日 発行、P322</ref>。
 
 
 
上述のように全体的には、胃・十二指腸の防御因子として機能している<ref>『NEW薬理学』、P179 </ref><ref>『パートナー薬理学』、P375 </ref>。
 
 
== プロスタグランジン関連の薬剤 ==
23,473

回編集