「線型代数学/計量ベクトル空間」の版間の差分

→‎定義: 余計な余白の削除
(→‎定義: 余計な余白の削除)
次に、上で書いたような数ベクトルのノルム・内積の概念をさらに拡張しよう。
===定義===
<math>\ V</math>  <math>\R </math> または <math>\Complex</math>上の線型空間とする。(以下、<math>\mathbf K</math> は一般の体ではなく、実数体 <math>\R </math>または複素数体 <math>\Complex</math>を指すことにする )
 
<math> \mathbf x,\mathbf y \in \ V </math> に対して、<math> \mathbf K </math> の元をかえすような演算<math> (\mathbf x, \mathbf y)</math>が次の'''(Ⅰ)'''~'''(Ⅳ)'''の性質をみたすとき、<math> (\mathbf x, \mathbf y)</math>を'''内積'''という。
匿名利用者