「将棋」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|1手目▲5八飛まで}}
 
▲5六歩と同じようでも、△8四歩の後、
 
# ▲7六歩△8五歩▲7七角△3四歩と進むと、角交換から△4五角の筋があるため、▲6六歩と角道を止めざるを得ない。
# ▲4八玉△8五歩▲7八金と角道を開けずに駒組みを進める[[:w:原始中飛車|原始中飛車]]は、初級者向きの戦法とされる。
 
棋戦では女流棋戦で[[w:蛸島彰子]]元女流名人が1991年の対局で[[w:船戸陽子]]に対し、初手5八飛を指している。以降は5筋位取り中飛車から先手蛸島が仕掛け、解消する。
{{-}}
 
5

回編集