「民法第417条の2」の版間の差分

編集の要約なし
M (pathnav)
編集の要約なし
 
{{Pathnav|法学|民事法|コンメンタール民法|第3編 債権 (コンメンタール民法)}}
 
==条文==
([[w:逸失利益#中間利息の控除|中間利息の控除]])
 
==解説==
2017年改正により新設。
 
将来の債権債務について、現時点で損害賠償を決める場合には、法定利率により割り引いた額とする旨を規定する。
 
割引方法には、単利式を前提とする'''ホフマン法'''と'''ライプニッツ法'''があり、さらに、債権債務が単独で発生する場合と複数時点で発生する場合に単式/複式の計算法を用いる。損害賠償実務においては、複利計算(ライプニッツ法)の例が有力であるが(平成11年11月16日東京・大阪・名古屋3地裁民事交通事故専門部「共同提言」)、付利の原則は単利式であるので([[民法第405条]])、反対の意を示す有力説や判決(福岡高裁判決平成17年8月9日交通民集38-4-899)がある。
 
'''単式ホフマン式計算法'''(損害賠償額X、期間n年間、債権債務額A、利率r)<ref name="kommentar1357"/>
:<math>X = \frac{A}{1+nr}</math>
 
'''複式ホフマン式計算法'''(損害賠償額X、期間n年間、各年の債権債務額a、利率r)<ref name="kommentar1357"/>
:<math>X = a\left(\frac{1}{1+r}+\frac{1}{1+2r}+ ...... +\frac{1}{1+nr}\right)</math>
 
'''単式ライプニッツ式計算法(複利)'''(損害賠償額X、期間n年間、債権債務額A、利率r)<ref name="kommentar1357"/>
:<math>X = A\, \frac{1}{(1+r)^n}</math>
 
'''複式ライプニッツ式計算法(複利、債権債務額不変)'''(損害賠償額X、期間n年間、各年の収入額a、利率r)<ref name="kommentar1357"/>
:<math>X = a\, \frac{1-(1+r)^{-n}}{r}</math>
 
'''複式ライプニッツ式計算法(複利、債権債務額変動)'''(損害賠償額X、期間n年間、各年の債権債務額a…z、利率r)<ref name="kommentar1357"/>
:<math>X = \frac{a}{1+r}+\frac{b}{(1+r)^n}+ ...... +\frac{z}{(1+r)^n}</math>
 
==参照条文==
{{Stub}}
[[Category:民法|417の2]]
[[category:民法 2017年改正|417の2]]