「生理学」の版間の差分

 
実験的な事実により、外部からヒスタミンを皮下注射すると、痒みが起きる<ref>『標準生理学』、P231</ref><ref>『ギャノング生理学』、P199 </ref>。
 
 
『標準生理学』では、下記のことから、痒みは痛みとは異なる線維によって運ばれていると考えている。
:* 経験的な事実として、痒みは掻くことによって(一時的に)消失する。
:* 鎮痛作用をもつモルヒネが痒みをもたらす事がある。
 
 
{{-}}
[[File:Homunculus-ja.png|600px|thumb|]]
 
{{-}}
 
== 生理学で扱う項目 ==
23,377

回編集