「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
;催胆薬
催胆薬には、動物(クマなど)の胆汁の成分でもある'''ウルソデオキシコール酸'''、及びその立体異性体<ref>『パートナー薬理学』、P341 </ref>である'''ケノデオキシコール酸'''などがある。なお、現在はコール酸からウルソデオキシコール酸を化学合成できる<ref>『標準薬理学』、P555 </ref>。古くは動物から採取していた時代もあった。なお、ヒトの胆汁にも成分のひとつとしてコール酸とデオキシコール酸およびケノデオキシコール酸そのものは、ヒトの胆汁にもそれぞれ含まれている成分である<ref>KIM E. BARRETT ほか原著改訂、岡田泰伸 監訳『ギャノング生理学 原著23版 』丸善株式会社、平成23年1月31日 発行、P.516 </ref>。
 
 
23,477

回編集