「高等学校美術I」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
嘘パースなどは、上述のように作成に手間が掛かるので、(アニメ映画なら可能かもしれませんが、しかしプレステ作品などの)ゲームソフトの3D映像で表現するのは難しいかもしれません。
 
 
演出によるウソの映像は、パースのほかにも、光源によるウソも比較的に芸術業界では有名な演出です。
 
太陽はひとつですので、太陽光も一方向からやってくるのが、自然な光です。しかし、ポスターイラストなどでは、被写体の立体感を強調するために、しばしば、観客に分からない程度にさりげなく、光源を2~3個用意した構図のイラストが描かれている場合も多々あります。
 
イラストだけでなく、女優モデルなどの写真撮影でも同様の撮影技法があり、被写体の立体感を強調するために光源を複数用意して、暗室などでメインの光源1つとサブ光源1~2個で被写体の女優を照らして撮影するというテクニックも、ときどき使われている事もあります。
 
 
:※ ここから上と下とで、記事の編集者が異なります。
23,477

回編集