「中学校社会 歴史/鎌倉時代」の版間の差分

→‎産業の発達: 同開珎(わどうかいちん)や富本銭(ふほんせん)は、京都および京都の周辺など一部の地域でしか普及しなかった事[1][2]が、歴史学的には分かっている。
(125.9.182.222 (トーク) による版 163769 を取り消し 閲覧環境によるかもしれないが表示が崩されたため)
タグ: 取り消し
(→‎産業の発達: 同開珎(わどうかいちん)や富本銭(ふほんせん)は、京都および京都の周辺など一部の地域でしか普及しなかった事[1][2]が、歴史学的には分かっている。)
 
商業には貨幣が必要なので、中国大陸から宋銭(そうせん)が多く、日本に輸入された。また、貨幣の流通とともに、銭を貸す高利貸し(こうりがし)もあらわれた。
 
 
{{コラム|(※ 範囲外:) 裏を返すと・・・|
上述のように、鎌倉時代のころ、宋銭が日本全国的に貨幣として普及したと考えられている。つまり、貨幣経済が鎌倉時代ごろに日本全国的に普及したという事。つまり、鎌倉時代以前の地方の経済は、いまでいう「物々交換」や「現物交換」の経済が主体だった事である。
 
<!-- 下記は高校範囲ですが、現wikibooksでは高校側に適した紹介ページが見つからない事情や、中学でまとめて説明したほうが理解が深まるし学習の手間が減るなどの理由により、中学側で紹介しようと思います。 -->
裏を返すと、鎌倉時代以前の古代の貨幣である和同開珎(わどうかいちん)や富本銭(ふほんせん)は、京都および京都の周辺など一部の地域でしか普及しなかった事<ref>相澤理『歴史が面白くなる 東大のディープな日本史【古代・中世編】』、株式会社KADOKAWA (中経文庫)、2016年7月15日 第1刷発行、P112</ref><ref>(※ 高校教科書)東京書籍『新選日本史B』、平成29年検定済み、平成30年2月10日発行、P32</ref>が、歴史学的には分かっている。
 
平安時代のころ、地方でためしに和同開珎などが使われていた時期もあったが、しかし地方経済に混乱が見られたようで、そのせいもあってか中央政府(京都の朝廷)の命令により、和同開珎などを京都・奈良など畿内に回収する命令が地方に出されている<ref>相澤理『歴史が面白くなる 東大のディープな日本史【古代・中世編】』、株式会社KADOKAWA (中経文庫)、2016年7月15日 第1刷発行、P112</ref>。
}}
 
== 鎌倉時代の文化 ==
23,477

回編集